現代社会における自由な喫煙のために。電子タバコの勧め


時代は分煙・禁煙の流れ

この記事を読まれている方はきっと、2018年7月に健康増進法の一部を改正する法案が可決され、2020年4月から全面施行されているということはご存じかと思います。喫煙を主な目的とするバーやスナック、公的に設置された喫煙所等を除き屋内では原則禁煙となり、未成年者など受動喫煙によって悪影響を受けかねない層から喫煙者を遠ざけようという動きが、国全体を通じて行われるようになりました。ただ個人的にタバコを楽しみたいだけにも関わらず、肩身の狭い思いをされている方も多いのではないでしょうか。

「電子タバコ」という選択

そんな流れの中にあり、タバコをやめることを検討した方もいるかもしれません。明確にやめようと考えたことはなくとも、「分かってはいるが、いきなり禁煙は難しい……」という悩みを抱えている方も。やめるとはいかないまでも、もっと気楽にタバコを吸いたい。そういった方への提案として「電子タバコ」をお勧めします。

紙巻きタバコと電子タバコの煙、違いは?

従来の紙巻きタバコは、タバコ葉に直接火をつけて燃焼させて煙を出しています。その煙には人体に有害な物質も多数含まれていますが、同じくタバコ葉を原材料としながら有害物質を90%以上カットしていると言われているのが加熱式の電子タバコです。これは、タバコを燃焼させることなく比較的低い温度で加熱し蒸気を発生させるという仕組みに由来しています。

また、ニコチンを摂取するという目的においては電子タバコは紙巻きタバコと同じような結果をもたらします。周囲への影響はもちろん、喫煙者自身への悪影響も少ないのが特徴です。電子タバコへの切り替えによって「無理に我慢しない」ことで精神面での健康を保ち、さらには身体面での健康も意識してみるのはいかがでしょうか。

pod型vapeはインターネットの購入が人気で、写真や価格が色別に掲載されているため選びやすい環境が整っています。