電子タバコにはどんなメリットとデメリットがある?購入前に知っておきたいポイント


電子タバコのメリット

電子タバコは筒状の機械の中にリキッドと言われる薬液を充填し、電気熱によって蒸発させた煙を喫煙する道具です。今までの主流であった紙巻きタバコと比べるとまず葉っぱの燃焼が無い構造が大きな違いです。これによって得られるメリットが数多くあり、その一つはタールが発生しないことです。紙巻たばこでは燃焼の過程でタールが発生し、それによってヤニ汚れなどの問題が起きていましたが、電子タバコではタールは発生しないのであの特有の汚れや匂いはありません。また使い捨てではないので喫煙先でゴミが出ることもありません。中に充填するリキッドを混ぜることによって味の調節も可能なので自分好みのブレンドを探す楽しみもあり、より奥深い喫煙を楽しめるアイテムとして人気です。

電子タバコのデメリット

一見メリットが多い電子タバコですが、取り扱いの上でいくつかのデメリットもあります。まず電子タバコは使い捨てのアイテムではないため、汚れた部分を綺麗にする日々のメンテナンスが必要になります。リキッドを充填する部分は綺麗に掃除しておかないと次の喫煙時に味が混ざってきてしまいますし、吸口も綺麗にしておかないと唾液が付いています。

また電子タバコはトータルでのランニングコストは紙巻たばこよりも安価に済むものの、本体の購入費用などの初期費用がやや高めに掛かってしまう点もあります。加えて、日本国内では薬事法によりニコチンの購入ができないため、どうしてもニコチン入りのリキッドを使いたい時は通販サイトなどを利用して海外からの個人輸入という形で買う必要があるのでやや手間が掛かります。

vapeのタバコフレーバーとは、ニコチンを摂取せずにタバコを吸っているような気分を味わえる「電子タバコVAPE」と、それによって味わえるリキッドのフレーバーのことです。多種多様な種類があります。