機械式時計の保管方法!注意すべき2つのポイント!


精密機械の機械式時計は磁気に弱い

機械式時計は、精密機械のため保管環境に留意する必要があります。アクセサリーのようにファッションアイテムとして捉えている人も多く、使用後は机の上に放置しているケースもあるでしょう。しかし、機械式時計は正しい保管が精度や寿命に影響すると言えます。特に、機械式時計は細かな金属性の部品でムーブメントができているので、磁気を帯びやすいです。例えば、機械式時計を置いた机の上にパソコンやスマートフォン、磁気ネックレスなどを一緒に置いていると、磁気の影響で正常に動かなくなるケースもあります。磁気帯びが起きると自分で修理するのは難しく、機械式時計のメーカーや腕の良い技術者が在籍している時計店でメンテナンスを受けなくてはなりません。

乾燥剤で潤滑油が切れる速度が早くなるかもしれない

直射日光を避け、湿度の高い場所に保管してはいけないと、機械式時計の初心者は保管場所について教わる場合も多いでしょう。確かに、機械式時計は高温多湿を苦手とするアイテムですが、湿度に気を使い過ぎて保管環境を誤るケースもあります。例えば、引き出しやアクセサリーケースに保管する場合、湿気を寄せつけないために乾燥剤を使って機械式時計をしまうと思わぬ影響を与えかねません。

機械式時計のムーブメントに使われる潤滑油の切れる速度が、乾燥剤によって通常よりも早くなる可能性が考えられるでしょう。機械式時計は数年置きに行う分解掃除のメンテナンスで、潤滑油の補充などを行い、部品の摩耗を避けます。余計なメンテナンスの回数を増やさないためにも、機械式時計は乾燥剤を使わずに保管してください。

グランドセイコーは1960年創業の日本の時計ブランドで、メンズの商品が多いです。海外のブランドに比べて、時間がずれにくいのも特徴です。